2006年 10月 19日
傷心
真的好傷心啊。志志的小狗VIVIAN死了。其實是6月份的事情,但是志志直到10月的記者招待會上才說出來。雖然一志不能說是個從不會哭的人~在工作時~~到現在一直是笑嘻嘻的,而且還說很多很奇怪的話~可是真的沒見過他哭成那樣的。所以聽到這個消息的時候偶都傻掉了,很擔心他會胡思亂想。萬一想不開自殺就壞了。

這個是一個日本FANS寫的日誌,轉貼一下。

一志さんの飼い犬のヴィヴィアンが先天性の病気で亡くなったことを、15日のトークライブの最後に、一志さんの口から告げられた。

今までずっと側にいた存在が、消えてしまったわけで。もう居ないんだって言う事実が認められなくて認めたくなくて、自分の中で整理がつかなくなる気持ちがあるのはわかる。羽樂もおじいちゃんが死んでしまった時は本当、毎日、家に帰った時の静けさに違和感を抱いてしまった仕方がなかった。今に比べて夜更かしとか全然できる生活をしていたし、夜中の3時まで起きていれば、おじいちゃんの目覚ましが鳴って、そこからおじいちゃんの一日が始って…音というか、世界がヒトツなくなってしまったような。そんな感じでした。個人的には。

 ペットで言えば、亀かな。結構長い間飼っていて、冬に死んじゃったのかな。最初は「え?」って感じだったけど、いっこうに閉じられた目は開かないし、首もダランって力が抜けていたし。死んじゃったんだ、ってちゃんと理解するまでに間があって、ぼろぼろ泣いたな。

人間って不思議なくらい泣けるんだって思った。涙を失うなんて出来ないと思う。『一志さんは泣かない』という印象があったわけでは決してないのだけれど、やっぱり今の今まで笑ってたり、変な話「営業中」の一志さん(Kagrra,さん)を見てきたわけだから、あんなに涙ながらにヴィヴィアンのことを告げる一志さんがどれだけ辛いのか、響いてきた。だからそのことを知らされたファンの方々の鼻を啜る音が、あんなに聞こえてきたんだと思ってます。

弱音を見せてはいけない仕事で、あの状態のまま夏のツアーを終えた一志さんも強いと思いますし、メンバーさんも凄く強いと思います。

羽樂の勝手な想像にすぎないのですが、一志さんは無意識のうちに、御飯をちゃんと3匹分用意しちゃって、そこでヴィヴィアンの存在を改めて知るんだろうな、とか。勝手な想像です。すみません

命の儚さというものを知るために、今回の新曲を絶対きくんだ、と。羽樂は改めて思いました。

そして、Kagrra,さん大好きなんだとも改めて強く強く思いました

翻譯如下:
小狗叫VIVIAN~~死了~在15日的記者招待會上一志自己說的。

直在身邊的小狗突然沒了~很不習慣~~還在整理自己的情緒~。羽樂也是在他爺爺去世的時候~每天回到家都發呆~沒辦法。迄今為止一直到晚上3點才睡覺~那個時候就能聽到爺爺的鬧鐘響起~就知道爺爺的一天開始了~現在覺得世界上突然少了個什麼東西的感覺

要是說寵物的話那就是烏龜了~。養了很長時間了~好象是在冬天死了~。一開始的時候是[啊???]的感覺~眼睛閉上了就沒再睜開過~脖子也耷拉著了~還是死了呀~。從那個感覺走出來可是哭了好長時間啊~

人真不可思議~~還能哭的說~~從來沒想過淚可以哭幹。雖然一志不能說是個從不會哭的人~在工作時~~到現在威勢一直是笑嘻嘻的~還說很多很奇怪的話~可是真的沒見過他哭成那樣的。所以聽到這個消息的FANS們也才會哭成那樣。

因為這個是不能示弱的工作~~所以等到夏天的旅行結束~一志就會從那個狀態走出來的~隊員也會很有幹勁的。

羽樂的話~太隨他的意志想事情了~還很傻的給烏龜準備了三分飯~~以為會改變VIVIAN(烏龜)的存在形式~真對不起~太任性了。

因為羽了終於理解了宿命所以這一次一定要聽一聽新曲~羽樂改變了他的思想狀態了~。

然後我想還有一志也肯定更加堅強了。


偶也會變的更加堅強的,擦幹眼淚陪著你往前走~一起去面對風雨。永遠に支持Kagrra,する!!
[PR]

by akiyalove | 2006-10-19 22:49 | 心情日记
<< 被點名了|||| 被點名了 >>