2006年 01月 03日
誓ノ月
Image Hosted by ImageShack.us

誓ノ月

蒼き夜空 仰ぎ見てこの腕伸ばし 月を背に誓いを灯した
夢を追って 泪見せず 再び出会える

心は淡く晴れた あの日を焼付けて
変わらない 滾る思いは 永遠を求めて

嗚呼 喜び 悲しみ 伴に膝を向けて
語ったあの頃 胸に滲む

叶わない願いも 届かぬ声も 総てを受け止め

心は今も憶えてる 固い絆を
変わらない 滾る思いは 永遠を求めて

風の様に 雲の様に 時代に流されて

生きてゆく事さえ 出来ないのなら 運命を壊して

心は淡く晴れた あの日を焼付けて
変わらない 滾る思いは 永遠を求めて

心は今も憶えてる 固い絆を
変わらない 滾る思いは 永遠を求めて


びくに

樹々を揺らす水面 弧状に映える月
風の音色さえも 聴こえそうな闇夜に
まるで腔を這う様な 能面の向こうの
其の眼は紅く燃ゆる 焔を頭して

鏑を番えて その怪しく揺らめく
憎きを射抜けば 来世は開ける
光を承けて 眸を綴じて 心を斬れ

明日は遠く 届かねど 眉間を 歪めて
求む未来は双手を寛げ 微笑んでる

時は幾度も廻れど また繰り返す道を
逢えど二度繰り返してく

まるで腔を這う様な 能面の向こうの
其の眼は紅く燃ゆる 焔を頭して

鏑を番えて その怪しく揺らめく
憎きを射抜けば 来世は開ける
光を承けて 眸を綴じて 心を斬れ

明日は遠く 届かねど 眉間を 歪めて
求む未来は双手を寛げ 微笑んでる

時は幾度も廻れど また繰り返す道を
逢えど二度繰り返してく


故郷

風に舞ってる 粉雪が誘ってる 遠く愛しいあの地へ

夢を映した頃 冴え渡る湖ノ畔
白き羽が 重ね合う 日吉 望みて後にした

風に舞ってる 粉雪が誘ってる 遠く愛しいあの大地へ
いつか輝く誉れを背に羽織って 遠く愛しいあの地へ

溜めた息を ほろり 吐き出せば 憶い出す
幼き頃 駆けていた花園 眸を瞑れば浮かんで

風に舞ってる 粉雪が誘ってる 遠く愛しいあの大地へ
いつか輝く誉れを背に羽織って 遠く愛しいあの地へ

漂う 言ノ葉 噛み締め進むの 堅い途上を 振り返りもせず

風に舞ってる 粉雪が誘ってる 遠く愛しいあの大地へ
いつか輝く誉れを背に羽織って 遠く愛しいあの地へ
遠く愛しいあの地へ


romaji偶就不写了~懒人一刚~~深谷大人的画画的真好,就PF Illustrator用的好的人。大感动TT^TT~爬~~爬~~
[PR]

by akiyalove | 2006-01-03 19:02 | 桜花茶馆
<< 写了一天的日志|||| HAPPY HAPPY >>